歯医者さんの歯のお話(講話?談話?)

歯医者へ行くときは、
・歯痛を感じて
・矯正や審美目的で
・特にトラブルはないけど定期的に通っている
など、色々な理由があると思います。

私の場合は、トラブルがあった時だけ、です。
親知らずを抜いた際に、数日後に再診へ行ったのですが
特に腫れたりなどしなかったため、
「問題ないですねー」
というだけで終わってしまいました。

その後、歯についていろいろとお話されていました。

治療にあたっている親知らずについて、
歯の磨き方、
虫歯になる原因について、
その歯医者さんでの治療方法がどういうものか、
世間話(なぜか八百長というものについて熱弁をふるっておられました)、
先日受診された患者さんのお話

この最後の、患者さんのお話です。
今と同じように、歯についていろいろなお話をされたところ
清算の時になって、
「何の治療もしていないのに金額が高すぎるのではないか」
と言われたそうです。
歯医者さんが言うには

歯科医が、一般の方へ歯についての知識、認識を広めること、
そこから予防へ努めてもらうことが大切。
そのための話だから、ここにも金額がかかってくる。

だということですが。

このお話に料金かかるって私も初めて知りましたよ!
もともと話好きで、道端であっても長話をされる方だったので、
いつも通りの話だと思っていました。

実際に後半は世間話でしたし。
「あれは八百長だよ!」と私に主張されても、、
どうすることもできないけどどうしたらいいんだろう、、
とうろたえているの半分、です(笑

しかも、私の清算はこれからなので、
今日どれだけ払わないといけないんだろうと、ちょっと怖かったです。
結局それほど(親知らずを抜いたときほどは)かからなかったので安心しました。

でも、歯医者さんの言っていることはもちろんそうですよね。
実際にお話を聞いて、予防することが一番だと感じましたし、
虫歯になっても早めに治療した方がいいですし
歯石などを放っておくと歯周病になったりするとのことでしたので
ある程度は定期的に見てもらった方がいいな、と思いました。